レンタル可能な測定器の種類と役割

レンタル可能な測定器の種類と役割

顧客のニーズに合わせたサービスの提供を行なっている株式会社山陽測器ではさまざまな測定器のレンタルサービスを行なっています。
どんな測定器をレンタルすることが出来るのか調べてみました。それぞれの測定器の役割についても合わせてご紹介しましょう。

 

◆測定器の種類

 

最初に、株式会社山陽測器が行なっているレンタルサービスで借りることが出来る測定器にはどのようなものがあるか見てみましょう。
@膜厚計:-膜厚を計測します。
A超音波厚さ計:-超音波パルスを使って厚さを計測します。
B水分計:-粉粒体・液体・ペースト、木材などの水分を測ります。
C照度計:-照度を計測します。
D点載荷試験機:-載荷試験を行ないます。
上記5種類の測定器をレンタルすることが可能です。水分計には、赤外線水分計と木材水分計があります。
赤外線水分計では、粉粒体、液体、ペーストなど水分を計測するそうです。
木材水分計では、その名前の通り木材の水分を計測することになります。

 

◆測定器のさまざまな役割

 

次に、株式会社山陽測器でレンタル商品として用意されている測定器にはどのような役割があるのか見ておくことにしましょう。

 

@膜厚計:-金属等のベース材の表面に塗装されたメッキなどの厚さ測ることで、製品を均一にする働きや強度を確認することが出来るそうです。因みに外壁の塗装については膜厚の違いによって、弾性や耐候性、断熱性などに大きく影響するそうです。
A超音波厚さ計:-鋼、アルミニウム、チタン等の金属と、ガラス、セラミックス、硬質プラスチック等の非金属の厚さを計測することで次のような検査を行なうことになるそうです。肉厚測定、腐蝕検査、材料検査などの役割を果たすことになるようです。
B水分計:-水分を計測することで、成形不良を予防することが期待出来るでしょう。また、材料の乾燥度を一定にするなどの役割もあるそうです。
C照度計:-非常口など消防法で定められた低照度の適正を計ることが可能になります。作業場など用途に合わせた照度の確認も行なうことが出来るそうです。
D点載荷試験機:-載荷試験を行なうことで、岩石の一軸圧縮強度を知ることが出来るそうです。つまり、岩石が軟らかいか硬いか知ることが出来るということだそうです。

 

レンタルすることが出来る測定器について見て来ましたが、株式会社山陽測器ではご紹介した測定器だけでなく、レシーバなどの通信機器のレンタルも行なっているということです。

 

おすすめサイト→→→株式会社山陽測器|Facebook